愛人は目一杯、相手におねだりしよう

愛人は目一杯、相手におねだりしよう
愛人とはどんなイメージですか?

 

家を買ってくれる?会いたい時に会えるセフレ的な関係?ただの浮気?

 

愛人の特権は、実は相手におねだりできる事です。

 

今回は、愛人のおねだりについて見ていきましょう!

 

 

そもそも愛人とは?

愛人は目一杯、相手におねだりしよう
愛人と言う言葉は聞いた事があると思いますが、その明確な定義はありません。

 

イメージとしては、「既婚者が別に作る彼女」ですが、それだとただの不倫と変わりません。

 

一般的な見解では、愛人は既婚者が別に作る彼女でありながら、なんらかの見返りを既婚者から受取っているという存在になっているようです。

 

 

例えばお金持ちの男性が、愛人に家を提供する
愛人に何かプレゼントをする。
場合によっては生活費を出す事もあるかもしれません。

 

こういった見返りを受取りながら不倫関係を続けているのが、愛人と言えそうです。

 

愛人はおねだりをして良い

愛人は目一杯、相手におねだりしよう
つまり、愛人はそもそも「愛をあげる見返りに何かをもらう」という立場なのです。
必然的に、愛人を持つ男性はある程度の収入がある人になります。

 

そのため、愛人は目いっぱいおねだりをして良いのです。

 

逆に言えば、おねだりをして見返りをもらえるからこそ、正妻ではなく「愛人」という立場に甘んじて「あげている」という言い方が良いかもしれませんね。

 

愛人のおねだり

と言っても、一体どこまでおねだりして良いのでしょうか?以下におねだりの例をあげます。
愛人は目一杯、相手におねだりしよう

  • 気になる飲食店に連れていってもらう
  • デートで服やカバンを買ってもらう
  • 生活費や家賃を出してもらう
  • 車やブランド品と言った高額商品を買ってもらう

 

 

下に行けば行くほどお金がかかりますが、実際愛人関係になるとこういった事も行われるそうです。まさにお金持ちの人の文化ですね。

 

愛人がしてはいけないおねだり

 

一方、愛人がしてはいけないおねだりがあります
愛人は目一杯、相手におねだりしよう

 

  • 正妻と離婚して結婚してほしい
  • 家族にバラすと脅しておねだり
  • 目的の無い金銭の要求

 

最初にご紹介したように、愛人はあくまで「愛人という立場に甘んじる代わりに見返りをもらう」存在です。
相手に結婚を迫ったり、相手の家族に危害をおよぼすようになってしまっては、そもそもの愛人契約が覆ってしまいます

 

愛人は目一杯、相手におねだりしよう

 

このようなおねだりはしないよう、ある程度節度を持っていれば、愛人はおねだりし放題です!

 

逆に男性は、覚悟して愛人を囲うようにしましょうね。