パパを見つけて愛人生活が始まったら

相手が結婚していても、どうしても好きになってしまったから愛人になる。
もしくは男性が奥さんを女性として見られなくなり、他の女性と愛人関係になる。
意外と愛人関係というのは多いものです。

 

とは言え、一昔前の「お金持ちのおじさんが囲う愛人」というイメージよりももっと軽い感じですね。

 

さて、愛人として長くその人とお付き合いするために、どのような事に気をつければ良いのでしょうか?

 

今回は、愛人のワガママについて考えてみましょう!

 

愛人はワガママを言っても良い?

愛人と言えば隠れた存在で、奥さんより上の立場にはなれない…
そんな気持ちから、愛人になりたての頃は相手の男性に対し少し消極的になってしまうかもしれません。
でも愛人はワガママを言っても良いのです。
その理由は以下の通りです。

 

そもそも存在自体がお互いのワガママから発生している

結婚しているのに他の女性と付き合ってしまえば、不貞行為となり慰謝料も発生する事案です。
そんなリスクを知っておきながら、自分達の感情を抑えきれず付き合い始めた結果が愛人です。
つまり、愛人関係自体がそもそもが感情的な理由から発生した、ワガママ無関係であるのです。
それなのに今更「ワガママなんて言って良いのかな」と悩んでも、ちょっとつじつまが合いませんね。
お互いのワガママから付き合い始めた訳ですから、覚悟を持ってワガママをつき通しちゃいましょう。

 

女性が圧倒的に陰の立場になる

愛人関係というのは、男性の身勝手でもあります。
本来愛している女性であれば、今の奥さんと離婚し、再婚したって良い訳です。
愛人に金銭的援助をしているなら尚更ですよね。
でも奥さんを手放さない。
それは「子供がいるから」「面倒だから」などという男性本位の理由からです。
愛人は圧倒的に日陰の存在です。
クリスマスなどイベント事は優先されないかもしれませんし、結婚して子供を作る事もできません。
だからこそ、ワガママぐらいは言って良いのではないでしょうか。

 

ワガママを言わなければどんどん立場が弱くなる

「愛人だから」と遠慮していると、男性はどんどんその遠慮を利用していきます。
会いたいというワガママを言わなくなってしまうと、男性が会いたい時しか来てくれなくなるかもしれません。
彼女らしく扱ってほしい、というワガママを言わなくなると、男性はあなたを彼女扱いしてくれなくなるかもしれません。
その結果愛人ではなく、完全なセフレになってしまう可能性もあります。
愛人としての立場を保つためにも、自己主張はしっかりして、時にはワガママになる必要があるのです。

 

愛人が言ってはいけないワガママ

とは言え、愛人が言ってはいけないワガママもあるので、注意しましょう。

 

  • 「家族にバラす」など、愛人関係が壊れてしまう脅し
  • 「私と結婚してほしい」という愛人契約を覆すようなワガママ
  • 必要以上の金銭やプレゼントの要求

 

これらのワガママを言ってしまうと、そもそもの愛人関係が成り立たなくなってしまいます。
もし上のような事を言いたいなら、最初から愛人になってはいけないのです。

 

それに注意して、愛人になったらいっぱいワガママを言っちゃいましょうね!